耳と毛が長くすらっとしてつぶらな瞳

我が家の愛犬クルミが来たのは、2ヶ月の時でした。両耳が垂れていて、体の毛は短髪で、黒白綺麗に分かれ、足長の柴犬の血が入った、わんぱくな女の子です。
我が家にとって、初めて子犬を迎えましたが、想像以上に大変でした。
先住に猫2匹居ますが、猫以上に、トイレのしつけの他に、家庭でのマナー、社会でのマナー、教える事が沢山あるんだと。
トイレは、1ヶ月弱で、決まった所で出来るようになりました。
一番大変なのは、ケージに慣らす事。警戒して、中々自分から入ろうとしない為、おやつや、おもちゃなどで誘い、今は、ご飯の時間になると、自分から入るようになり、ハウスの号令でも、徐々に入るようになりました。ハウスに慣れて来たと思った矢先、今度は寂しなきです。
少しでも、姿を消そう物なら、キャンキャン泣き出し、外出するにも、何か家事をするにも、寝かし付けてからでは無いと、何も出来ない状態でした。夜は、今現在も、犬と一緒に寝て居ます。来た時よりは、少し良くなって来たような来がします。
後、なかなか直らないのは、2匹の猫を追っ掛け回す事と、何かくれ要求です。食事などは、人間が先に済ませるとありますが、なかなかそうも行かず、先に犬のご飯が先になってしまう為、人間の食べ物を要求してくるんです。
猫を追っ掛け回すのは、徐々にやめさせて行き、猫と仲良くさせていく事を課題に頑張りたい次第です。

«
»